ストレスをため込んでいませんか?その解消法を基礎の基礎から再確認しておこう!


副交感神経を高めるようにすればストレスも解消できる

「ストレスは健康の大敵です」ということがよくいわれます。しかし未来を予測しづらい現代社会でストレスの要因になることを完全に避けて生活するのは、ほぼ不可能です。「ある程度のストレスは、しょうがない」と割り切って生活するのが、現実的だといえます。

ストレスは避けられないものだからこそ、人はそれぞれのストレス解消法を持っているものです。そんななか、ほとんどの人にとって共通するストレス解消法といえば、睡眠と入浴ではないでしょうか。快適な睡眠で気持ちを休めることと、ゆっくり入浴してリラックスすることは、ストレスを解消するための基本中の基本なのです。その他のストレス解消法としては、ヨガやマッサージなどが挙げられます。いずれも呼吸を整えながら副交感神経を高め効果があります。つまりストレスを解消することと副交感神経を高めることには、切っても切れない関係があるのです。

ストレス解消に運動が効果的と言われる理由はコレ!

またストレスを解消する過程では、運動しながら筋肉を刺激することも重要なポイントになります。「運動すると副交感神経じゃなくて、交感神経が高まってしまうんじゃないの?」という疑問を持ったかもしれません。確かに運動をしている最中は交感神経が高まります。しかし運動後は副交感神経が徐々に優位になっていくのと並行して、ストレスも自然に解消されていくのです。ただしインドア派の人が急に激しい運動をすると疲れがたまって逆にストレスを感じてしまうので、普段運動をしていない人は短時間のウオーキングから始めるようにしましょう。運動の内容に体の慣れ具合を合わせることが、ストレスの解消に効果をもたらすのです。

品川の心療内科を受診したいと思った場合、ネットや口コミを利用します。直感で選ぶよりも、より良い医療を受けることができます。