ストレスを解消したいならば体を動かそう!ストレス解消効果の高い運動のポイントは


セロトニンの分泌を高めるリズム運動をする

一定のリズムを繰り返す運動をすると、私たちの脳内で「セロトニン」という神経伝達物質の分泌が高まります。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、分泌が増えると心が落ち着いて爽やかな気分にしてくれると言います。セロトニンには自律神経を整える働きがあり、副交感神経を高め、溜まったストレスを発散する効果もあるのです。ストレスを解消したいならば、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、ダンスなど、一定の動きを繰り返すリズム運動を毎日の生活の中に取り入れてみましょう。

運動する場所を意識しよう

ストレスを発散するためには、「どこで運動するか」ということが、とても重要になります。交通量が多い通りなどでは、大気中の汚染物質の影響により、運動による心肺機能を増進させる効果が妨げられると言います。交通量が多く、車の通る音がうるさいような場所でジョギングをすると、かえってストレスがたまる危険性もあるでしょう。健康のためやストレス発散のために運動をするならば、見晴らしのいい公園や、空気清浄機のある室内などで運動をするのがおススメです。

自分に合った運動をする

普段あまり運動をしない人が、きつい運動メニューに挑戦すると、かえって疲労感やストレスを感じることがあります。他人が進める運動が、必ずしも自分に合っているとは限りません。運動をしていても楽しくない、すぐに疲れるというのであれば、自分に合っていないやり方の可能性大。ストレスを解消するためには、「辛い」「楽しくない」といった、ネガティブな感情が湧き上がる運動は望ましくありません。運動を無理なく続けるためにも、合わない場合は強度や時間を変えてみたり、違う運動などに挑戦したりしてみましょう。

心療内科を梅田で探している人は、院内の雰囲気など通いやすさを重視してくれているかチェックしましょう。立地的に通いやすい所が多いので、雰囲気的に自分に合っていそうかを見極めましょう。